ブログをご覧の皆さんこんにちは。
名古屋瑞穂接骨院の高橋です。

最近足がつることが増えた…
夜寝てる時に足がつる…
こんな悩みはありませんか?

そんな方におすすめのストレッチをお伝えしていきます。

 

足がつるとは

 

足がつることを「こむら返り」と呼ぶこともあります。
足がつるとは、筋肉がけいれんして痛くなることです。
足以外にも、手の筋肉などでも起こることがあります。
原因として、運動不足や水分不足、急な運動や疲労によるものなどがあります。

 

予防におすすめのストレッチ

 

今回は、足がつらないように予防したい方におすすめのストレッチをお伝えしていきます。

立った状態から、片足を大きく1歩分後ろに引きます。
つま先を前に向けます。
前の足の膝を曲げながら、下げた方の足は膝を伸ばしてふくらはぎを伸ばします。
20秒程数えて、反対側も同じように行います。

ポイント

息を吐きながら、反動をつけないでゆっくりと行います。

 

このストレッチではふくらはぎの筋肉「下腿三頭筋の腓腹筋」を伸ばしていきます。
夜寝る前や、長時間同じ姿勢をする時などにストレッチをすることで足のつりが軽減したり、悪化を防ぐことができます。

腓腹筋は、右の写真の青色になっている場所です。

このストレッチをやっても、足のつりがひどい方、もっと良くしたい方は当院まで起こし下さい。


この記事をシェアする

関連記事